"私"という人間

強迫性障害、躁鬱病、社会不安障害、解離性障害との闘病日記です。

焼き付くような焦燥が、

こんばんは、みおです。

今日は昨日ほど寒くない日でした。別の地域では雪も振り荒ぶような日々が続いているようですね。ニュースで見ました。



昨日は寝落ちてしまい、昼過ぎに目が覚めました。午前中に起きれないと何だか申し訳なさや勿体無いなと思ってしまいます。



起きてから強迫観念が強く出ました。

何度か手を洗い、シャワーをしてからも手を洗う。洗濯物を取り込んでたたみ終えて手を洗う。ゴム手袋をした手で洗濯物を干してからも手を洗う。洗い物をしてからも手を洗います。


手を洗わないと汚れてる気がして、手がどす黒い何かで覆われているような、そんな気持ちになります。汚い、汚い、汚い、汚い、汚いのは私。



床に落ちている埃も、糸くずも、髪の毛も、煙草の灰も、使ったあとのコップも、みんな汚い。そう思ってしまう。汚くないでしょそれ、と笑われるものまで汚いと思ってしまいます。

寒い日もお風呂に入るのもなるべく一番がいいです。一番だとしても入念にイスや洗面器を洗いますが。


強迫性障害の人は皆さんそうなのでしょうか?強迫性障害、と診断される前までその行為を繰り返していました。


不安で不安で、焦燥感に煽られて仕方ありません。助けてほしい。常にそう思うものの、自分の心の問題なので助けようもないと思います。

それでも私は心で叫びます。助けてください、と。



明日は今日よりやることができたらいいな。

強迫観念も、少しはマシになってるといいな。

寂しくなるから、あまり寒くないといいな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。