"私"という人間

強迫性障害、躁鬱病、社会不安障害、解離性障害との闘病日記です。

埋もれたマフラーから見える世界

こんばんは、みおです。


昨日は雪が降りました。私の地方ではほとんど見ることができないので、何だかすごく綺麗に見えました。



今日は病院へ行く日でした。起きられたのは病院へ行く2時間ほど前。寝過ぎてしまいました。

身支度を早めに済ませ、病院に向かう途中の電車内でやっぱり思ってしまう。他人の居る空気が気持ち悪い。誰が触れたかもわからないつり革は持てない。

ついに買ってしまった出かける用のゴム手袋をしていても思ってしまいます。何とか手すりを持って、なるべく人と触れない場所に居るのが精一杯です。


本当はマスクをすれば良いのですが 化粧をしてマスクをすると肌荒れするらしいので、外出時はマフラーをマスク代わりにしています。それでも息苦しい。



息苦しさを感じながら電車を降りると、やっと呼吸ができたように思います。密閉空間に居ると息でも止めていないと他人の吐いた空気が自分に入ってしまいそうで、怖いし気持ち悪い。そんな馬鹿らしい恐怖です。

病院は相変わらず静かでした。今日は人が少なく、すぐに呼んでもらえました。


今日はいつもの先生でした。一人暮らしに反対されたことを伝えると「前はいいっていってたのにねえ…」と言われ、「やっぱりお母さんは怖い言い方するんだね」とちゃんと話を聞いてくれました。

自立したいということ、一人暮らししたい気持ちは変わらないことを言いました。急に「手帳持ってたっけ?」と言われ、スケジュール帳のことかと思って出したら「ああ、そうじゃなくて障害者手帳」と笑われてしまいました笑



最近は診察後に心理検査を行ってもらうことがあり、その時に小学校低学年の時の頃の事などをよく聞かれます。

一体何の検査なのか私にはわからなかったのですが、今日担当医の先生から発達障害とかはないかなって診断だよと説明されました。

上記に書いた手帳の件は、もし仮に発達障害の場合は障害者手帳を持つことになる可能性もあると伝えたかったようです。


障害者手帳を自分が、なんて考えたこともありませんでした。持つと何が変わるのでしょうか。持ってると差別される?周りが腫れ物を扱うように接するようになったりするのかな。だったら嫌だな。



病院が終わってからはすぐ帰る気になれず、街中をうろうろしていました。家に帰ったら母との未だに続いている重い空気がある気がして。

あちこちぶらぶらしていて思ったのですが、セールをしている所はやっぱり多いですね。新春セールだったり、売りつくしセールだったり。少しだけ欲しい物があったので、それだけ買って帰りました。


帰る頃には帰宅ラッシュ前で人が多かったです。電車内でも、人の肩などに触れ合わないようにするのが精一杯でした。降りる頃には気分が悪くなってきていたように思います。



降りて少し休み、呼吸を整えてから帰り道にチョコレートを買って帰りました。最近、無性に甘いものを食べたくなります。

強迫性障害の洗浄行為は勿論、毎日出ていますが寂しさから来る過食や、醜形恐怖症の症状も出てきてしまっています。


何か気をそらそうと思い、先日から筋トレを始めました。少しはお腹の肉が削げるといいな。



今日はばたばたした一日でした。明日は穏やかに過ごせますように。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。