"私"という人間

強迫性障害、躁鬱病、社会不安障害、解離性障害との闘病日記です。

罪悪感の中に潜む足掻き。

こんばんは。


今日は少しだけ暖かかったように思います。どこかの地域では桜が咲いていたのだとか。早く暖かくなってほしいものです。



今日は病院の検査の日でした。どんな検査かも、何の検査かもわからず心理カウンセラーの先生と向かい合って色々と質問をされました。

絵を見て欠けている部分が一つあるのを見つけるのと、1〜9まで記号がふってあるものを書き込むのと、簡単な算数問題や、ブロックを図面通りに並べるのと、先生の言った数字を繰り返すこと。


数字を繰り返すのはだんだん数が増えていって、途中から難しくなりました。更に難しくなったのはその後。言った数字を逆から数えることです。初っ端から結構苦戦してしまいました笑



あとは漢字を出されて「それを文字で説明して下さい」というものもありました。例えば電車。口で説明するのは結構難しかったです。これも結構苦戦しました。中には知らない漢字もあって、その時は素直にわかりませんと答えました。


二時間にもなる検査が終わってもまだ半分だそうです。久々に頭を使った気がして、凄く疲れました。内容から察するに、恐らく発達障害等の検査ではないかなと思います。

未だに指折りで数を数えないといけなくなる時があるので、もしかするとそういう傾向があるのかもしれません。あまり深く考えずにいようと思います。



そういえば派遣バイトをしてみることにしました。梱包等の作業なら私にもできるんじゃないか、と思ったからです。梱包は好きですし、自分からしようと思わなければ何も出来ない。

明日はそこの面接です。お昼間からなのでまず起きれるかなあ、という所から既に少し心配ではあるんですけれど笑


いつまでも母に甘えている訳にはいかない。自分の為にも、未来の為にも、頑張らないといけない。ちゃんと自立したい。



昨日は母の機嫌が良く、以前のように話ができました。向こうからも普通に話し掛けてくれます。今日も普通に会話ができました。未だに酷い言い方をしてしまった私を咎めない。いつ言われるんだろう、なんてつい思ってしまいます。

祖母伝いに度々「いつも家事をしてくれて助かるって言ってたよ」と聞きますが、本人からはあまり言われません。


それに私は好きでやっている訳でもなく、強迫観念が強まって洗濯物や洗い物をせずにはいられないし自分が仕事もせずただ生きている罪悪感からしています。



いつか。いつかきっと治る。今はまだ無理でもきっといつか治るはず。大丈夫。自分の為にも、恋人の為にも、家族の為にも、治さなくてはいけない。

でも今はまだ手洗いしないことは苦痛で、死ぬ訳でもないのに辞めることができない。息が苦しい。外に出ると不快なことだらけです。


眠剤もなかなか効かず、そのくせ眠りにつけば寝すぎてしまう。早くこの悪循環から抜け出さなくちゃいけない。頑張ればきっと、治る。大丈夫。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。