"私"という人間

強迫性障害、躁鬱病、社会不安障害、解離性障害との闘病日記です。

『明るくて元気な子』

今朝はいつもより早くに目が覚めました。

お薬を変えてもらって少しは寝つきが良くなりましたが、相変わらず眠りは浅いです。


今日も寒かったですね。風邪は少しマシになりましたがぼんやりしていて、今日の日中の記憶が曖昧です。



今回は過去のことを振り返りつつ、現在思うこと等書いていきたいと思います。




私の家は母子家庭で、二つ下の妹が居ます。

「母子家庭だから可哀想」だと思われるのが凄く嫌で、別に不幸じゃないしなあと思い、基本的に父親の事を聞かれたりするまで言いません。

昔から祖父が父親代わりだったので、もう父親は居ないものとして捉えています。本物の父親は関わりたくもありません。


母子家庭だと言うと「明るいからそんな風に見えなかった」と言われるくらいで、決まって聞いてごめんねと謝られます。特に重く受け止めてませんし、いつもどうして謝るのかな、なんて思っていしまいます。



祖父は私が小学生の頃、病で亡くなりました。椎間板ヘルニアでした。

お人好しで寛大で、見た目は怖いけど 笑うとくしゃっと目尻に皺が出来る大好きな笑顔と、大きくて優しい手で頭を撫でてくれるような人でした。


今なら治せる病気らしく悔しくて堪らなくなります。どうしてあんな優しい祖父が、まだもっと抱き締めて頭を撫でて欲しかったのに、また優しい声で呼んで欲しかったのに、と思わずにはいられません。



そんな祖父が亡くなった次の日、私は運動会でした。明るく振舞っていた事は覚えていますが どう過ごしていたのか記憶がありません。

祖父が亡くなるずっと前から祖父母の家から別の所で暮らし始めていつも車で自宅まで来てくれて、廊下を歩く靴の擦れる音で祖父母が来てくれつ事にすぐ気付きました。

玄関を開けるや否や飛び付くと大きな身体で「よく気付いたなあ」と頭を撫でてくれたのをよく覚えています。


当然ながら居なくなってからその音が聞こえる事がなくなり、祖母もショックでうつ状態になり、もう本当に居ないんだと幼いながらも自覚し酷く悲しくなり暫くは泣いてしまう日々が続きました。

胸にぽっかり空洞ができたような、そんな気持ちになりました。けれど明るくしないと、と強く思いました。暗い顔なんてきっと祖父も望まないだろうから。



祖父の代わりに祖母が少しだけ厳しく、親孝行して母を助けてやってねと幼い頃から言われ続けていました。


母子家庭なのでもっと頑張って親孝行して 一人で沢山頑張って働いてくれている母の負担を 少しでも減らさないといけないのに、思うようにできない。

学生の頃から何をしても病気が邪魔して続かない自分に腹が立ち情けないです。考えてはいけないとわかってはいるのですが、鬱状態の時は特に「私がいるせいで負担が掛かっている」「いない方がいいのかかもしれないなど考えてしまい苦しいです。



最近は、母や妹に些細なことを言われただけできつく言われたように感じ落ち込んだり、以前に増して特に母の顔色を伺ってしまいます。

成人しているにもかかわらず仕事もせずにいるから、苛立たせてしまっているのではないかなと思います。


元々外面が良いのもありますが、仕事を始めても"明るく元気な人柄"をどうしても演じてしまい、自分がどういう人間なのか自分でもわからなくなってしまっています。今こうして文章を書いている私も偽物なのではないか、なんて考えてしまいます。

"明るく元気な私"を一度作ってしまうと、それが家でも抜けません。常に明るくて元気で気の利く子でいないといけないという気持ちでいっぱいになります。




心療内科の主治医に先日、「貴方が過去にお母さんから受けてたものは私から言えばどう見ても虐待だよ」と言われました。


まだ保育所に通っていて祖父母の家に居た頃、何か悪いことをしたら躾と称して首根っこを捕まれ引き摺られて無理やり外に放り出された経験が何度もあります。鍵も掛けられ外で泣き喚いても開けてもらえず、何度も何度も謝りました。家に入れてくれたのはいつも祖父でした。


きっとそこから"いい子"でいなければいけない、という思いが根強くあるのだと思います。父が居ない分、母は強く躾ていたのだと解釈しています。

本当はもっと優しくされたかった。そんな考えがよぎっては打ち消しています。



普段から纏まらない文章が更に纏まらなくなってきてしまったので、今日はこの辺で終わります。皆さんも風邪引かないように暖かくしてくださいね。

今日は急遽予定が入ってできなかったことが多いから、明日はやることをちゃんとしよう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。